初めての方へ 初回限定クーポン

製品情報 乱視用 Astigmatism

視力矯正をしている方の中には乱視の可能性がある方や乱視を自覚はしているがうまく矯正できない方もいらっしいます。
プラザアイではそれぞれの眼の状況に適したコンタクトレンズをご提案いたします。

こんなことでお困りではないですか?

  • 乱視なしのソフトコンタクトレンズを装用しているが、見え方がスッキリしない
  • 「3」を「8」、「に」を「こ」のように、活字文字を読み違えることがある。
  • 日中は気にならないが、夜間になると、夜景や信号の光が複数に分かれて見えたり、にじんで見えることがある。
乱視用

乱視用コンタクトレンズで補正できるかもしれません。
角膜乱視の度数によって、おすすめするコンタクトレンズが変わります。

強度角膜乱視の方(角膜乱視が-3.00D以上)には
強度角膜乱視用ハードコンタクトレンズがおすすめです。

ハイサンソαトーリックⅡの特徴

乱視が強い角膜は、カーブが方向により大きく異なります。

このため、単一なカーブの球面ハードレンズでは装用が困難です。

強度角膜乱視用ハードレンズ ハイサンソαトーリックⅡは、レンズの内面に2つのカーブを持たせ、乱視が強い角膜へフィットする設計です。

球面ハードレンズに比べ、快適な装用感と角膜に対する安全性を実現します。

強度角膜乱視の方(角膜乱視が-3.00D以上)にバックトーリック法で高い補正効果

乱視用

①強い乱視がある角膜上でも安定します

角膜形状(カーブ)と同様に、レンズの後面に急なカーブとなだらかなカーブの2つを持たせて安定させる設計です。

②球面レンズよりも安定した視力と装用感です

眼とレンズ間の涙液層が均一となるため、安定した視力(乱視補正)と快適な装用感が得られます。

③新デザインでさらに装用感が向上

レンズ後面の周辺部(ベベル)の幅を全方位一定にすることで、水平方向の角膜への接触をさらに軽減します

※角膜乱視が-2.75D以下の方は、非球面設計のハードコンタクトレンズがおすすめです。

お取り扱い商品Products List

PLAZAEYE recommended

やわらかハードコンタクトレンズProminennt LifeStyle

コンタクトデビューから老眼まで

やわらかハードはプロミネントとライフスタイルシリーズがございます。幅広い年代の方にいお使いいただけます。
最新の両面非球面ハードレンズでは設計と素材の両面から大幅に改良が重ねられ、ハードレンズの長所はそのままに、さらにソフトレンズの慣れやすさを兼ね備えました。つまり、“ハード”のイメージが180度変わる、先進的両面非球面やわらかハードレンズなのです。

  • 薄型エッジ
  • やわらかハード素材
  • 国内最高水準の酸素透過性