初めての方へ 初回限定クーポン

製品情報 人工的無水晶体眼用 Artificial aphakic eye

無水晶体眼用コンタクトレンズは、無水晶体症(水晶体を取り去ってしまった状態)の方へ、視力補正を目的としたコンタクトレンズ。
強度遠視度数でも対応可能なハードコンタクトレンズです。

無水晶体症とは?

水晶体を取り去ってしまった状態を無水晶体症といいます。
白内障の手術で除去した場合や、まれに外傷などで水晶体がはずれてしまうことでなります。
眼の中でレンズの役目をしている水晶体が無いと強度遠視の状態となり、遠くも近くもはっきり見ることができません。

無水晶体眼の視力補正

眼鏡かコンタクトレンズを装用します。個人差はありますが通常+11D ~+13D 程度のかなり度の強い凸レンズが必要になります。
一般的に、度が強い場合の視力補正は、以下の理由でメガネよりコンタクトレンズが優れています。

【メガネでの補正】

・物が大きく見えたり、視野が限られる。
・レンズ自体が厚く重くなる。
・ 片眼性の場合、片眼(メガネ)に像の拡大が起き、不等像視を引き起こしやすい。

【コンタクトレンズでの補正】

・直接眼にレンズを乗せるため、視界の変化が少ない。
・像の拡大がないため、片眼性の無水晶体眼でも補正可能。

お取り扱い商品Products List