初めての方へ 初回限定クーポン

コンタクレンズQ&A FAQ

コンタクトレンズに関する疑問やお悩みにお答えします。

コンタクトレンズについて

コンタクトレンズは誰でも使えますか?

基本的にどなた様でもお使いいただけます。
ただし、コンタクトレンズは高度管理医療機器です。眼の状態によってもご使用できない場合があります。
眼科専門医受診のうえご使用ください。

コンタクトレンズはどれくらいで慣れますか?

一般的に酸素透過性ハードレンズで1~2週間、ソフトレンズなら4、5日ほどが慣れるのまでの目安です。
コンタクトレンズは、最初から長時間装用できるというものではありません。
毎日少しずつ装用時間を伸ばし、眼にレンズを慣らしていきます。

コンタクトレンズはアレルギー体質の人でも使えますか?

アレルギー体質の方でもお使いいただける場合がほとんどです。まず眼科で診察を受けてみましょう。
アレルギー体質の方の中には、まぶたのかゆみ、充血、眼やにが多くなるなどの症状が出る人もいます。
慣れるに従ってほとんどの人が解消できるようですが、レンズの種類の選択やお薬を使うことにより,より快適で安全な装用を可能にすることができます。

ドライアイでもコンタクトレンズは使用できますか?

ドライアイの程度によりますが、ドライアイの方でもコンタクトレンズは、使用出来ます。
ドライアイの方には、涙液の状態を維持しやすいハードレンズがお勧めです。
ソフトレンズは素材自体が涙を吸収し、蒸発させるので、長時間の装用でドライアイを誘発しやすいです。

乱視はコンタクトレンズで矯正できますか?

乱視は、コンタクトレンズで矯正できます。
レンズの性質上ハードレンズの方が優れていますが、ソフトレンズにも乱視用のレンズはあります。

老視はコンタクトレンズで矯正できますか?

老視は、コンタクトレンズで矯正できます。
遠近両用コンタクトレンズにしていただくと、近くの物がより楽に見えるようになります。

コンタクトレンズの寿命はありますか?

取り扱いや眼の状態によって違いますが、だいたいの目安としてはハードレンズで約2年、ソフトレンズで約1年です。

使い捨てレンズの交換期限は少しくらい長くしても大丈夫ですか?

使い捨てタイプは、開封後その決められた日数と回数を使用する目的として製造されています。 眼病予防のためにも交換時期がきたら必ず交換しましょう。

ご使用について

コンタクトレンズをしていてもメイクはできますか?

もちろんできます。ただし、手についた化粧品の成分をレンズに付着させないためにコンタクト装着はお化粧前に。コンタクトを外すのはクレンジングオイルなどの成分をレンズに付着させないためにお化粧落とす前に行ってください。レンズに付着した化粧品等は、眼を痛めるトラブルのきっかけになることもあります。

コンタクトレンズをしていてもスポーツはできますか?

バスケットボールのような接触の多い激しいスポーツ以外は可能です。ソフトレンズの場合はほとんどのスポーツが可能です。(ハードもソフトも水泳など水中で眼を直に開くと流出します)

海水浴やプールに入るときはコンタクトレンズはつけたままで大丈夫ですか?

コンタクトは外すほうが望ましいです。海水や塩素を含んだプールの水が誤って眼にに入りレンズに付着した場合、レンズの劣化の原因となります。特にソフトレンズはレンズ内で雑菌が繁殖して感染症を引き起こす場合もあります。

レンズがずれて眼の奥へ入り込んで取れなくなってしまうことはありますか?

レンズが眼の奥までズレてしまって取れなくなることはありません。
まぶたの裏と白眼は袋状につながっていますので、レンズが目の奥に行くことはありません。

コンタクトレンズをつけたまま眠ってよいのですか?

連続装用が認められているレンズで眼科医の許可がある場合のみ可能です。
その他のレンズは寝る時は必ず外しましょう。就寝中のコンタクトレンズは瞳の呼吸をさまたげ、張り付きなどの眼のトラブルの原因になります。

コンタクトレンズを外しづらい時はどうしたらよいですか?

目が乾燥をしている場合に外しづらいことがあるので、コンタクト専用の目薬を点眼していただくと外しやすくなる場合もあります。

コンタクトレンズをすると眼の乾燥が気になります。おすすめレンズはありますか?

ハードレンズがおすすめです。ソフトレンズは水分を含む特性上、レンズ表面から水分が蒸発すると涙液を吸収してしまい、眼の乾きを感じることが多いので、酸素透過性が高いなどのレンズの素材を選びましょう。またドライアイ状態になっていないか、定期検査で眼科医のチェックをうけましょう。

充血している時や結膜炎の時にコンタクトレンズを使っても問題はないのですか?

眼の調子が悪い時(充血、痛み、かゆみ、眼やになど)はコンタクトレンズの使用は控えてください。詳しくは眼科医にご相談ください。

ホームケアについて

コンタクトレンズのケアは必要ですか?

コンタクトレンズのケアは、必要です。但し、一日使い捨てタイプのソフトレンズは、ケアの必要がありません。
装着中のコンタクトレンズは、外気からの汚れと体内からの汚れが付着します。
ハードレンズはきちんと汚れを落とすこと、ソフトレンズではそれに加えて雑菌の繁殖を抑える消毒をすることが、装用感を良くし、眼病予防につながります。

ケア用品が無い時は、水で洗っても大丈夫ですか?

ハードレンズには水道水が使えます。ただし、洗浄・保存には専用のケア用品をお勧めします。
ソフトレンズには、水道水は使えません。水で洗ってしまうとレンズが変形したり眼に張り付いて傷つけたりすることがあります。また感染症を起こす危険性もあります。必ず専用のケア用品を使用してください。

コンタクトレンズはどうやって保管しますか?

レンズが未開封の場合は、直射日光を避けて室温で保管してください。
開封後のレンズ保管方法については、ご使用されているケア用品の注意書きをご参照ください。